2019年元日


            みんなで新年を迎えました


            



         

          


                年始のアモーレは


        きつそうに動く時もありましたが


               まだまだ 大丈夫!


          そう思わせてくれる状態でした


        


        事態が変わったのは11日の夜


           いつもより嗚咽が長く続き


                  嘔吐しました



            「アモちゃん  よしよし!


                 大丈夫だからね!」


                   声をかける私に


           外へ出たいと必死に訴えます


            私は慌てて外に出しました


              寒い星空の下 1時間近く 


            吐き気と便意が続きました


       お腹も張ってきて目が離せません

              

         

        「アモちゃん お家に入ろう、、」


               声を掛けて誘導するけど


         踏みとどまって入ろうとしません


                     


                    アモーレは

            

                賢くて芯があります

            

        ちゃんと「 ノー」を言える子でした


   きっと 部屋を汚したくなかったのでしょう


            


               私はアモーレを説得して


          なんとか家に入ってもらいました 


            結果  お腹の張りや不調は


               ガスが溜まったことが


                  原因のようでした



      


              病院の先生に相談して


            一晩様子を見ることに


   




             


                     深夜1時頃


      少し楽になって動き出したアモーレ

              


                      


        この日を境にアモーレの体調は


           大きく変化を始めました


         



                        12日


              先生に現状を説明して

          

         15日に血液検査をすることに、、



                        


                   14日頃からは


          それまで食べていたフードを


               極端に食べなくなり


          ササミと野菜を茹でて与えると


              よく食べてくれました




                        15日  


           病院で血液検査を受けます


               3週間前に23%だった


              ヘマトクリットの数値は


            18%まで下がっていました


    「立っているのがやっとの数値だけど


       アモーレちゃんはよく頑張ってるね!


              ただ 残された時間は


           あまり長くないと思います


           お力になれず申し訳ないです」


          先生は優しく告げてくれました


              

         「  りあんで看取りをします


              食べたいものを食べて


         山の中で穏やかに過ごしてほしい 


            出来る限りの事をします!」


                 先生に伝えました


            

     

                     帰りの車中


       涙を我慢する事が出来ませんでした



          

             


     




               病院に行った日の夜


                甥っ子たちと姉が


               会いに来てくれました


            





                      次の日も 


                  またその次の日も


              アモーレを愛する方々が


                たくさんお見舞いに


             いらしてくださいました




                        16日 


                      思い立って


       先日ブログで紹介させて頂いた森へ







       


      これが最後のお出かけとなりました



          




            

                 

                        17日


               食欲が落ちてきて


           大好きなフードもほとんど


         口にしなくなっていましたが


     お世話になったお姉さんの手からは


       食べられるだけ食べてくれました


         


      


      


                 お見舞い嬉しい♪





             

              


          まだ立って動く余裕があった頃


            珍しく私が作業しているのを


                   覗きに来ました


             普段はあまりしない子です




                        18日  


            細かくしたササミや野菜


            ふやかしたフードなど


           これまで食べていたものを


             食べなくなりました


            口にするのは水を含んだ


             ヨーグルトのみです









                        19日


        一生懸命ボールを渡そうとする


                 甥っ子の大ちゃん


                

                 この子の成長を


          アモーレも共に見てきました


               大ちゃんが犬たちと


            遊べるようになってから


       1番そばにいたのはアモーレです


      いつも寄り添い見守ってくれました









            「 あも! ボールどーじょ!」








         今度は大ちゃんが寄り添います


               


        


              この頃からトイレの時と


                お出迎えの時以外は


        ほとんど立ち上がれなくなりました









        

           とにかく何か口に入れないと!


             スープを作ってみました


             

       







            お水を足して与えてみたら


               量は多くはないけど


                食べてくれました








      

       犬たちとりあんでの看病が続きます









                         22日

    

      友人が食事の手伝いをしてくれました


          久し振りに大好きなフードも


           けっこう食べてくれました


             すごく嬉しかったです♪







         立ち上がってハグもしましたよ♡


         この日は調子が良いようでした






                        23日


      お世話になっている声楽家の先生が


            いらしてくださいました


                関東の方なので


            滅多に会えないのですが


               アモーレはちゃんと


             会うことができました


          先生を見ると喜んで立ち上がり


             お出迎えをしていました








       この時もスープを飲んでくれました♪




                   同じ日の午後

  

            アモーレを誕生させてくれた


             里のお父さんとお母さんが


         福岡からいらしてくださいました


    








             アモちゃん よかったね




            




                 穏やかな眼差しで


              お母さんを見つめます


            何かを伝えているようでした




              「  また来るからね


                 アモーレ  またね!」



               アモーレにそう伝えて

 

                 福岡に帰られました


     

                    


                           24日


             お部屋から出やすいように


                親しいお兄さん達が


            スロープを作ってくれました









      

         残念ながらアモーレが使うことは


               ありませんでしたが







      

        「 優しくしてくれてありがとう 」



              

                  きっとアモーレは


                 思っていたと思います





                         25日


           この日は夜中から私のそばを


                 離れませんでした


                      朝方5時頃 


                突然 立ち上がったので


             トイレかもしれないと思い


             支えながら出ようとすると


              バタッと倒れ込みました


         呼吸の仕方は変わりなかったので


                   様子を見ていると


            30分程して再び立ち上がり


     トイレに行くために玄関に向かいます


                無事に済ませましたが


         この日の便の回数や行動の仕方は


                かなり気になりました


          






       友人がお見舞いに来てくれました


          排便時に 汚していた箇所を


             綺麗に洗いたかったので


           彼女に手伝ってもらいました


           おかげですぐに終わりました

           


           


            里のご両親に頂いたマット





                 




                動けなくなってから


               ほとんどこのマットに


            横たわるようになりました


                大きくてふわふわで


            でも足を取られない厚さで


        寝返りをするのが楽だったようです









               夜になり やはり様子が


             いつもと違い 気になります


             急遽 母に応援を頼みました


         




 



            隣の施設のお風呂を借りて


         帰ってきたら一緒に寝ていました 



                 私がいない時に


            一度 トイレに立ち上がり


            玄関のスロープの途中まで行き


              オシッコをしたそうです


            


                 こんなにきつくても


         家の中でせずに外に行くアモーレ


            盲導犬の誇りを感じました



      



        

                    25日夜遅く

           

         アモーレの周りにみんな集合


           何かを感じているようです



          私は少しでも何か温かいものを


                    食べて欲しくて


               スープを作り始めました


          食べられないかもしれないけど

  

             とにかく作っていました


                     

                      深夜1時頃


             アモーレが動き始めました


                 急いでついて行くと


             大好きだった縁側まで行き


                窓の隅に嘔吐しました


                   それと同時に


                  排便と排尿も、、


         

              

              すぐにマットを移動させ


                   寝かせましたが


                  吐き気は続きます


                 吐くときに力むと


                排便排尿も起こります


   

           「 なんか良くない出方やね、、


                アモちゃん きついね、、」


            母と綺麗にしながら話しました



              この時  深夜2時半頃


       

           きつそうに横たわるアモーレ

  

           私たちは 覚悟をしていました




                  深夜3時をまわり


       アモーレの呼吸と嗚咽は落ち着き


            ウトウトと眠り始めました



              寝ている間に母とそれぞれ


             仮眠を取ることにしました


                   

                      早朝5時


           特に大きな変化はありません


               安心して休んでいると


                そのあと大きな声で


                   「オェー!!」


           慌ててアモーレの元に行くと


            血混じりの物を吐きました



              「 よくないね、、」


              吐いたあとはまた静かに


                横たわっていたので


           汚したものを持って庭に出ると                     


                チラリチラリと


               雪が舞い始めました



                なんとも言えない雪


            アモーレの状態が気になります



          




                    夜が明け始め


          雪は牡丹雪に変わってきました




                     午前8時半


             母が用事を済ませるため


                 職場に出かけました


                    アモーレと私


               そして犬達だけの


           いつものりあんになりました



            雪はどんどん大粒になります








                     甘えん坊で


          アモーレが大好きだったなつめ


                   そばに居続けます





                      午前9時前


              アモーレが突然立ち上がり


                   嗚咽を始めました

                  

        「 アモちゃん汚してもいいから


               もう立たなくていいよ!」


            ハグをしながら支えると


              私の肩にもたれかかって


             そのまま倒れこみました



            アモーレが立ち上がったのは


                 これが最後でした



                横たわった状態で


          静かに私を意識しているのが


                    分かりました


                私は アモーレに


             初めて会った日のことや


                  楽しかったこと


            心から尊敬していること


                

               外の景色を見ながら


              静かに話し続けました


         イアン なつめ れんげもみんな


              じっと聞いていました



        

                     午前10時


            出かけていた母が一度戻り


                アモーレの呼吸が


        落ち着いていることを確認して



       「 この間に私は一度家に帰って


              用事を済ませてくるね!


              お昼までには戻るから!


           アモちゃん また後でね、、」



             荷物を一緒に車に積み込み


       母を見送ってアモーレの所に戻ると


                     その直後から


                アモーレの呼吸が


                荒くなり始めました


               それに合わせるように


              見たことがないほどの


               大きな大きな牡丹雪が


                    降り始めました


            まるで白い羽根がヒラヒラ


        空から舞い降りているようでした



          りあんの周りはみるみる雪化粧



          


       「  アモちゃん もしかして


         私たちだけの時に行きたいの?」


       

             何となくそんな気がして


              アモーレに尋ねました


            アモーレは優しい眼差しで


                     聞いています


       



          「  アモちゃん ありがとね


          あなたに会えて私たちは幸せです



              あなたがどこにいようと


             ずっとずっと愛してるよ


             アモちゃん  大好きだよ 」



            アモーレの体をさすりながら


            私は想いを伝えられるだけ


                   伝えていました



                     その時です


           呼吸をするのもやっとなのに


            アモーレが私の膝の上に


               顔を乗せてきました







         アモーレの 精一杯のお返事だと


                 私は思いました


               






                    午前10時半


                アモーレの呼吸は更に


                 荒くなり始めました


                       私はふと


            アモーレが大好きだった人に


          「 電話をしないと!」と思い

              

                 すぐに連絡しました


        

             スピーカーから聞こえる


                大好きな人の声を


           アモーレは穏やかな眼差しで


                  聞いていました





                 

             声を聞いて安心したのか


                 電話を切ったあと


                   口をパクパク 


          さらに呼吸は荒くなりました



             私は家族全員に連絡をし


         旅立ちが近いことを伝えました



               

              苦しい状態は続きますが


         昏睡状態にはならないアモーレ


        








       「 アモちゃん  ここにいようと

 

           がんばってくれて ありがとう


               でも もういいんだよ


             アモちゃんの好きなときに


                 行っていいからね」



            アモーレの 目が反応します

  

       





              


                しばらくこの状態を


                 見守っていました


                     

        アモーレは苦しみに耐えています


                     なす術なく


              私はついに天に向かって


            



                「  お願いします


         どうかこの子をお救いください 」


     


                


                      そう言うと


                       アモーレが


               しっぽを振り始めました


                  

            







                         そして 


                         数十秒 


                お別れを告げるように


                振れるだけ振り続けて


           


                 最後はピーンと伸ばし


                 大きな呼吸を数回して


                     午前10時46分  


              静かに息を引き取りました


             

            アモーレが旅立つと同時に


              降り続いていた雪は止み


              亡骸は光で包まれました



          






          

               最後まで意識を保ち


             しっぽでお別れを告げて


           光と共に旅立ったアモーレ


            


                かっこよすぎです



                     

           

         「 アモちゃんまた逢おうね !」


              光に向かって言いました

              



               





          


        お別れにいらしてくださった皆様
























                 

           お忙しい中 アモーレのために


             ありがとうございました

          

                 



                      そして

                 


       アモーレを愛してくださいました


                   すべての皆様に


             心よりお礼申し上げます


            




              


               盲導犬アモーレへ


           

            長い間おつかれさまでした


       私はあなたに感謝しかありません


          あなたと出逢えて私の人生は


            より豊かになったからです


          本当にありがとうございました



         


     あなたが永遠に安らかでありますように


             心よりお祈り申し上げます

             


           

              1月30日  

           お世話になっている御寺様にてアモー   

           レの葬儀を行なって頂きました 。そ

           の際に思いがけず戒名を頂きました。    

           御住職の御温情に深謝致します。

                           


              

          

Comment
アモーレ(アマランス)のパピーウォーカーをした家の娘です。九州盲導犬協会からの連絡でアモーレが他界したことと、このブログのことを知りました。彼女を大切にしてくださって、最期まで寄り添ってくださって本当に本当にありがとうございました。ブログの中のアモーレは、おばあちゃんになっても子供の頃と変わらず目がキラキラしていて、首を傾げる癖なんかも相変わらずで、でも昔よりもずっと落ち着きや貫禄があって、懐かしくて、読んでいて涙が溢れました。本当にありがとうございました。どうかアモーレの眠りが安らかなものでありますように。
  • 宮崎
  • 2019/02/25 21:50
宮崎様、このブログをご覧くださりありがとうございます。アモーレの子どもの頃のお話、とても嬉しかったです。教えてくださりありがとうございました。やはり、若い頃から首を傾げていたのですね。 アモーレは引退後もみんなに愛されるとても素敵な子でした。そして、これまで共に生きてこられた方々と私を こうして繋いでくれる愛の力を感じさせてくれる子でもありました。きっと皆様の愛がアモーレに宿っていたからでしょう。アモーレに会えて本当に幸せでした。彼女が繋いでくれた皆様とのご縁に心より感謝いたします。

アモーレはりあんで眠っていますので、大分に来られることがございましたら、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
  • 外川
  • 2019/02/28 09:45





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Mobile

qrcode

Recommend

Recommend

Recommend

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM