親しくさせて頂いている


            お寺のご住職と暮らしていた


                 アイビーちゃんが


                10月10日 16時20分


               極楽へと旅立たれました








                   今年 、4月2日


                ご住職に迎えられた


                  盲導犬アイビー号


                      ご住職曰く

     

                   会った瞬間から


                 心が通じたそうです



                   まるで もう何年も


           共に暮らしてきたかのように


                お引き受けした時から


           ご住職にベッタリだったとか、、



               私がアイビーちゃんに


               初めてお会いしたのは


              「春無縁供養法要」で


                 お寺に伺った時です









            「いらっしゃ〜い!!」


               

                  初対面の私たちに


                  尻尾を振りながら


            駆け寄って来てくれたのが


                とても印象的でした


                 なぜなら、この時


                 アイビーちゃんは


                     お寺に来て


              まだ 10日ほどでした



                        すでに

 

              「 お寺の子 」として


            そこに居たアイビーちゃんは


           みんなを笑顔にしてくれました





                


                ご住職や坊守さんと


         よほど因縁が深い魂なのだなぁ、、


                  そう思いました




                 その後、しばらくは


                 私も忙しくしていて


                お寺になかなか伺えず


                 この秋になりました


         

              自身の結婚の報告も兼ねて


               お寺に伺わせて頂きたく


            10月3日に連絡をしましたら


            アイビーちゃんが心臓の病で


              重篤な状態にあるとのこと


                    大変驚きました



             でもすでに寿命の年ですし


                 いつ何が起こっても


                おかしくはありません


              身体ばかりはわかりません



                      その日の晩


             私は アイビーちゃんに会いに


              お寺に行かせて頂きました


                 私が行くと顔を上げて


                 挨拶をしてくれました   


               

    

                 身体は横たわったまま


                    呼吸はとても荒く


                   苦しそうでしたが


              目はきらきら✨澄んでいて


                     本当に綺麗でした



                        6日、8日も


               お寺に行かせて頂きました


                      状態は少しずつ


                     変化していました


                 

       

                      静かに   静かに


            苦しみを受け止める姿を見て


                  同じ命あるものとして


                   学ばせて頂くことが


                   たくさんありました


       

         優秀な盲導犬だったアイビー号は


                 最期まで優秀でした


        


            きっと、阿弥陀様のお計らいで


            お寺に来られたのだと思います


                 そして仏様に見守られ


                        最期の時を


               迎えられたのだと思います




            

             


                 ご住職と坊守さんは


            「アモーレちゃんが繋いで


                   くれたご縁でした」


                そう仰ってくださいます


         


                   アイビーちゃんは


                   お寺の檀家さんや


              これまで携わられた方々


            そして、ご住職と坊守さんに


               とても大切に愛されて


               温かい心で最期の時を


          迎えられたのではないでしょうか


               

               私はそう信じています




                 


             

              


                 盲導犬アイビーへ


                大変お疲れ様でした


                   ほんの少しでも


                  あなたと過ごせて


             とても有り難く思います


               


                     アモーレや


              盲導犬の仲間たちと共に


                   どうか  極楽で


             安らかにおられますように…





              


             

         法名  光摂院釋愛信

                 俗名  盲導犬アイビー

                           享年11歳

                 

                  合掌

                  南無阿弥陀佛

            





              

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Mobile

qrcode

Recommend

Recommend

Recommend

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM